山梨県甲府市の精神科 住吉病院

〒400-0851山梨県甲府市住吉4-10-32 代表電話055-235-1521
HOME 交通・地図 求人情報 理事長挨拶 法人概要・沿革等 ご利用手続き よくあるご質問 お問合せ ご寄附のお願い

すみよし生活支援センター
(地域活動支援センターⅠ型事業 他)
ハピアすみよし
(自立訓練【生活訓練】事業・グループホーム・ショートステイ)
すみよし作業センター
(就労移行支援事業・就労継続支援B型事業)

ひまわり荘・すみれ荘・さくら荘
(共同生活援助事業・グループホーム)

すみよし障がい者就業・生活支援センター
(障害者就業・生活支援センター)
ぱれっと
(ベーカリーカフェ)
キャンバス
(売店実地訓練)




臨床研究に関するオプトアウトについて


患者様へ
臨床研究に関するオプトアウトについて
住吉病院 病院長
弊院では、通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用い研究等については、国が定めた指針「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。
このような手法を「オプトアウト」と言います。オプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。なお、研究への協力を希望されない場合は、研究責任者までお知らせください。

研究計画名

入院及び通院中の統合失調症患者における向精神薬の処方実態調査2021

研究の目的・必要性・意義

研究目的:国内の統合失調症患者に対する向精神薬の処方実態を把握することを目的とする。
必要性と意義:諸外国に比べ、日本の統合失調症に対する薬物療法は、抗精神病薬の多剤併用大量処方であると言われて久しい。しかし、近年、第二世代抗精神病薬の選択肢が増加し、また、その使用方法も徐々に浸透してきているため、以前と比較して処方傾向が変化しつつある。抗精神病薬の多剤併用大量処方では、有効な薬剤の特定が困難になる、錐体外路症状のみならず糖・脂質代謝異常、心血管系副作用など生命予後に影響する身体的副作用が増加する、服薬アドヒアランスが低下するなどの問題があるが、処方実態を把握した薬剤師による処方の適正化への貢献は、これらの改善に有効であると考えられる。

研究責任者

公益財団法人住吉偕成会 住吉病院 薬局長 宇都宮 守

分担研究者

公益財団法人住吉偕成会 住吉病院 院長 中谷 真樹
公益財団法人住吉偕成会 精神科薬物療法サポートセンター:センター長 吉尾 隆




〒400-0851山梨県甲府市住吉4-10-32
公益財団法人 住吉偕成会
住吉病院
▼利用者権利憲章 ▼リンク ▼プライバシーポリシー ▼サイトマップ
Copyright(c) 公益財団法人 住吉偕成会 住吉病院 All rights reserved. produced by FARO